FAMILY

マチノワの会員、町田やその周辺で活躍する起業家を紹介します!

倉橋亮子(町田市中町在住)
FILIGRANO http://www.filigrano.net
住所:町田市中町3−10−6 COMMUNE BASE マチノワ

 

 

 

神戸で生まれ、父親の仕事の関係で千葉に移り住みました。映画好きの父親に連れられて小さな頃から頻繁に映画館でロードショウを観ていました。それがきっかけで映画会社への就職を目指しましたが、残念ながら願いは叶えられませんでした。大学を卒業後は一般企業に事務職として勤めていました。
結婚後暫くし、たまたま立ち寄ったショップにて、とあるアクセサリーに出会いました。それは純銀ワイヤーをかぎ針で編んで作ってある “純銀クロッシェ”のアクセサリーで、編み物と金属が融合しているところがとても魅力的に思え、自分でも作ってみたくなりました。この出会いがハンドメイドの世界に入ったきっかけになりました。
編み物といっても糸とワイヤーでは全く素材の癖が違うので、編むときのコツも違います。私は糸を編んだことが無かったので先入観や慣れが無かったのが幸いし、ワイヤーの編み物に抵抗なく慣れることが出来たと思います。思えば小さな時からものづくりが苦手で編み物などやったことがない私がこの世界に入ったのが不思議です。技術習得後に純銀クロッシェの認定インストラクターとなり、秦野・横浜などのカルチャーセンターで講師を勤め始めました。
そして講師活動の傍ら、オリジナルデザインの追求をするようになりました。「大人の女性が普段使いできる」事をコンセプトとし、ワイヤーの種類を純銀から様々な素材に広げ、またシンプルにワイヤーの編み地を前面に押し出したことで、繊細で軽く柔らかい実用的なオリジナルのアクセサリー作品を幾つも生み出せました。これらの作品をもって、アクセサリー作家としての活動を本格化しました。
渋谷の東急文化村で開催されたBunkamura craft collectionへの選考通過を皮切りにクラフト展への出展をしたり、また企業コラボによるイベント出店にお声掛けを頂き参加したりもしました。また渋谷の東急ハンズギャラリーに出展していた際には、その様子をテレビ番組(ガイアの夜明け)で紹介されたこともあります。これらのイベントで手にとってもらえるお客様が予想以上にいらっしゃった事で、少しずつ作家としての自信がついていきました。
その後、セレクトショップからもお声がかかるようになり、現在はコトモノマルシェとthingslyなどといった販売チャンネルで常時10店舗近く、他にも期間限定イベントとして駅構内やデパートの催事スペースでの出店といった形で全国様々な場所で作品をお届け出来るようになりました。そうした店舗でご好評を頂き、昨年は年間で2,000個以上の作品を製作しましたが、少し無理をしたことで手首を痛めてしまったりしたので、残念ながら生産量を調整したりしています。
ワイヤーは編み直しが出来ない素材なので、丁寧にひと目ひと目時間をかけて編むことに拘っています。この手作りならではの拘りが多くのお客様からの支持を得ることが出来ていてとてもうれしいです。今後も今まで以上に技術とデザインを磨き、一つでも多くの新しい形を生み出し、金工芸として高めて沢山の方に作品を届けていきたいと思っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

徳沢清児(町田市図師町在住)

株式会社エスカリエ町田  http://escalier-machida.com
設立:2017年10月2日
住所:町田市中町3−10−6 COMMUNE BASE マチノワ

 

徳沢さんは石川県金沢市に生まれる。祖父も父親も地元の銀行を勤め上げた銀行マン。仕事一筋だった父親が英会話のレッスンを受けたことがきっかけで敬虔なクリスチャンになる。それまで、接待ゴルフや宴会で夜も休みも家を空けていた父親が、酒もタバコもゴルフも止めて、毎週月曜日は全員が集まって家族会議。徳沢さんは父親のそんな変わり様にとても驚いたし、そのことが徳沢さんを信仰の道に進ませることになる。
地元金沢の高校を卒業し、東京の大学に進学する。2年間休学し、伊勢、名古屋、岐阜、四日市といった東海地方で布教活動に就く。そんなこともあって2年遅れの卒業となる。
祖父、父二代が銀行マンだったこともあり、銀行への就職も考えたが、ふと立ち寄った大学の就職課でソニー・プルデンシャル生命保険(現ソニー生命保険)の存在を知る。同社は金融分野への進出を切望していたソニーと米国のプルデンシャルが手を組んで設立された会社。高度で幅広い知識を身に付けたプロフェッショナルによる生命保険販売という従来の日本にはなかった販売スタイルを持ち込んだ先駆的な生命保険会社だ。保険販売を担う人は「ライフプランナー」と呼ばれ、顧客の人生設計をサポートするコンサルタントのような役割を担う。そんな生命保険会社に大きな可能性を感じ、徳沢さんは入社を決意する。
最初に配属されたのが営業人事課。ライフプランナーの資格、報酬、採用基準などの体系づくりに取り組む。その後、都内50か所の募集代理店の販売支援やスタッフ教育を受け持つ代理店担当社員となる。保険販売の最前線の仕事、知識も経験も不足する中、勉強もしたし、代理店の信頼を勝ち取るためにがむしゃらだった。その甲斐もあり、担当する代理店の業績を大きく伸ばし、3年目には優れた代理店担当社員に贈られるMVPにも選ばれている。離任する時には代理店の人達がお店を貸し切って盛大な送別会を開いてくれた。
そして、故郷金沢の北陸営業所に転勤する。そこで4年間、販売支援や代理店の新規開拓などに取り組む。損害保険と違い、生命保険の代理店がまだ珍しかった時代だったが多くの代理店を獲得し、北陸営業所を大きく成長させ、営業所の所長に昇格した。
本社に戻り、教育部で募集代理店のスタッフを教育するソニーライフビジネスカレッジの主任講師を務める。また、銀行が保険販売に進出しようとする時期だったこともあり、保険販売のための体制整備や人材育成を支援するために全国の地方銀行もずいぶん回ったようだ。そして我が国の保険販売の在り方を大きく変えることになる保険業法改正の対応にも関わってきた。
徳沢さんはこの部署を最後にソニー生命を退職する。徳沢さんには長年「旧態依然とした日本の生命保険業界を変えたい」という強い思いがあった。ソニー生命を離れて、生命保険業界全体に貢献したいと考えたのだ。退社後、デロイト トーマツ コンサルティングを経て、2017年10月に積年の夢であった株式会社エスカリエ町田を設立する。
同社のミッションは大きく分けて二つ。一つは今後保険商品販売で大きな存在となる保険乗合代理店の健全な発展に寄与すること。徳沢さんは一般社団法人保険乗合代理店協会の事務局長にも就いている。もう一つは「募集品質の高度化」という課題。生保販売は営業職員のみならず代理店やインターネットなど多様化しているが、業法改正後もスキルや知識は一部を除き低いと言われている。ここを変革させていくことが生命保険業界変革の肝であり、その変革に寄与できればと考えている。

——————————————————————————————————————————————————————–

立石正博(横浜市青葉区在住)

株式会社CORNERSTONE
創業:2015年
住所:町田市中町3−10−6 COMMUNE BASE マチノワ
事業:新規事業立ち上げ

横浜市内の高校を卒業し、大学と大学院では化学を専攻しました。卒業後、鉄鋼メーカーに入社し、富山にあった半導体の研究所に配属されました。その当時、次世代の産業のコメと言われた半導体に日本中の企業、特に鉄鋼メーカーが挙って参入した時代でしたから、その分野に配属となった次第です。
パートナー企業だった台湾企業の半導体工場の立ち上げ支援や神奈川の試作ライン立ち上げも終わり、5年が過ぎたころに、もっと違う世界を見てみたいと思い、米国に本社がある半導体の製造過程で使われる検査装置メーカーの日本法人に転職しました。日本の半導体工場に長期滞在して、検査装置から得られるデータを基に生産工程の改善を提案するといった仕事を行いました。その頃、半導体製造工程では経験則から大量データ統計解析へと時代が移るころで、検査装置売り上げは急増します。数年すると韓国や米国の半導体メーカーが日本企業の技術を真似ながら、資本の力で事業展開を始めたため、日本企業が求める仕様変更に米国本社がなかなか応じてくれません。日本企業と米国本社との板挟みになり、その頃、急速に英語のスキルが上がりましたね。
そんなこともあり、半導体の歩留まりを助言するコンサルタント企業に転職し、渡米します。この会社は創業間もない小さなベンチャー企業。日本人は私1人で周りのスタッフは米国の著名な大学のマスターやドクター達で、とても刺激的な職場でした。ここでは、日本法人の設立も担当しました。5年勤務しましたが、日本と米国を月2回往復する生活で、時差から体調がかなり不安定になったため、日本に戻ることにしました。
日本に戻りしばらくすると、米国やイスラエルのベンチャー企業と日本の半導体メーカーをマッチングさせる会社を創りたいという方と出会い、米国コンサルティング会社を退職。パートナー六人で創業します。日本の半導体メーカーの期待を集めた事業でしたが、米国のビジネス環境が急変したことでビジネスが成立することが難しくなり私はこの事業から退きました。その後、ドイツや米国の企業の日本法人代表として、国内事業の再構築や日本市場の開拓に取り組みました。
ちょっと話が逸れますが、日本の大企業と海外の企業の一番の違いは意思決定の早さと感じています。日本は優秀な方が多いです。ただ、決められない方もとても多いと思います。私が勤めた会社の米国経営者は部下から送られてくるメールを毎日500件ほど見ていました。情報を直で摂るんです。『決断に不安があるのは情報が不足しているからであり、十分な情報があれば自然と結論が出る』と言っていました。また、『(今の世の中は同時に動いているため)与えられる期間は同じで、期間内の経験数の差が、優劣の差になる』と、競合の2倍ではなく10倍の経験をするべく資源を投入していました。そのような考え方はシリコンバレーだからかもしれませんが、企業がグローバル競争の中後れを取る理由の一つであると感じています。
2015年に日本企業の海外進出をサポートする株式会社CONNERSTONEを創業しました。長年、海外で仕事をしてきたことや外資の日本法人の代表を経験した強みを生かし、日本企業の海外ビジネスを成功させたいと考えています。今は太陽光発電プラントの工事会社や工業用X線検査装置の会社のアジア進出を支援しています。
今後は、介護人材の不足を解決するため、アジアの人材を日本に呼び寄せる事業を通して、日本企業を支援したいと考えています。また、アジアで儲かる農業の仕組みづくりにも挑戦します。小作で貧しい生活を営むアジアの多くの人達が自立できるような新しい農業の仕組みを日本企業と組んで作っていきたいと考えています。

———————————————————————————————————————————————————————-
安藤英明(町田市南大谷在住)

PQB japan株式会社  https://www.pqb-japan.co.jp
創業:2017年6月
住所:町田市中町3−10−6 COMMUNE BASE マチノワ
1.金属非破壊検査装置の開発・販売
2.リスク・マネージメントの教育・出版
3.目視検査支援システムの開発・販売

雑誌「子供の科学」の愛読者で小学5年の頃からハンダゴテを握って一石トランジスタラジオやゲルマニウムラジオを作っていました。聞くだけでは飽き足らず、電波を出すためにアマチュア無線を始めます。高校三年の春には第一級アマチュア無線技術士の試験に合格します。その高校では初だったそうです。
大学では通信工学科に進み、大学卒業後は父親が経営するトラック運送の会社に入社し、2年間トラック運転手をしました。得意先だったソニーの部品を作っていた工場が八王子にありました。トラックでの運搬の合間を見つけてはその工場を観察し、改善点をメモするようになりました。そのメモをもとに100枚位の改善の提案書を社長に手渡すと、提案にびっくりした社長から入社を勧められ、その会社に5年間勤めます。
その後、立川にあった半導体製造装置に使われる高周波電源やアンプを作っていた会社に入ります。仕事は面白かったんですが外資系企業で私が在籍していた2年間で親会社が3回も変わり、その都度、経営方針がごろりと変わるんです。こんな会社に長くはいられないと思い退職します。
そして、ビール製造会社に入社し、ビール瓶などの検査装置を製造する子会社に配属されました。そこでいろいろな仕事を経験しました。電子設計、製造管理、検査用カメラの開発・製造、自動機器の輸入。その後、検査装置を外販する新規開拓の営業担当となります。そこではセラミック、化粧道具、自動車部品などいろいろな分野を開拓してきました。営業に18年在籍しました。
その後、技術畑に戻ります。ビール瓶のひび割れや牛乳瓶の表面の微細な汚れを検査する装置の開発などに取り組み、数多くの特許も出願しました。15年以上誰も解決できなかった問題をいくつも解決しました。
でも、少しずつ大きな会社の限界を感じるようになります。お客様の要望を聞いて、困っていることを解決したいと思うんですが、なかなか実現しません。アイデアはどんどん出てくるんですが、会社は大きな売上が見込めない製品の開発には投資しません。また、スタッフは皆優秀なんですが、営業と技術が一丸となって、みんなで良いものを作ろうという雰囲気も少なかったですね。だから、60歳になったら会社に残らず、独立して、今まで温めていたアイデアや事業を実現したいと思いました。
今、考えている会社の事業は3つあります。一つが非破壊検査装置の開発・販売。2つ目がリスク・マネージメントの教育普及事業、3つ目が目視検査の評価と訓練のための支援システムの開発。
16歳から始めたアマチュア無線のコールサインがJF1PQBでした。このコールサインの意味を自らPerfect Quality Businessと読んだことから命名しました。そしてfrom Japanは日本だけではなく世界と関わってゆくこと。やがて社業の利益を世界の子どもたちのために還元したい。

PQB japanに込められたミッション…人生は一度きりだから。

———————————————————————————————————————————————————————

小橋隆司(相模原市中央区上溝在住)

株式会社デスケル http://dscl.jp
創業:2007年
所在地:相模原市緑区西橋本5-4−30 SIC-2
東京都渋谷区富ヶ谷2丁目20-1 Lulud.T.bldg 2F

◌起業まで
多摩美術大学の2年生の時から、眼鏡店のチラシやポスター、毎日新聞やさがみはら産業創造センターのホームページ制作の仕事をしてきました。大学3年の時、ある大手メーカーへの推薦を受けようと大学の就職課に行ったら「推薦を受けたら必ず入社すること」と言われました。その時、「自分は本当にそれを望んでいるのか」と自問します。すでに仕事をいただいている会社や一緒に仕事をしている大学の仲間との縁が無くなることが寂しいし、いろいろな人達と関わりながら自由に楽しく仕事をやってきた環境を失いたくないと思いました。だから、就職しないで、仲間と一緒に会社を作ろうと決めます。卒業と同時に古い民家を借り受け、住まいも兼ねた事務所で起業しました。
◌起業から
会社の仕事は大きく分けて3つになります。1つ目がロゴマーク、会社案内、パンフレットといったグラフィックの制作です。事務所の近くにある東京医療学院大学はゴロマークからパンフレットまで一括して制作しました。二つ目がホームページ、スマホのアプリ、ウエブサービスなどのユーザーインターフェイスです。上海万博の日本産業館のホームページ制作もやりましたし、360°すべてを撮影するカメラ「RICOHTHETA」は製品の立ち上げ期から関わっています。三つ目がデザインを通じたコンサルタントです。カシオ計算機デザインセンターの未来のコミュニケーションのデザイン開発支援や愛川町半原の観光資源開発などもやりました。
◌これから
30代になって、地域や社会への貢献を強く意識するようになりました。世の中をよくする活動をしようと思っています。デザイナーが担う主な役割は時代によって変わってきています。冷蔵庫、洗濯機など工業製品をデザインする時代、東京オリンピックなどのイベントをPRするためのポスターデザインの時代、パソコン、スマホ、カーナビなどの画面をデザインする情報デザインの時代。そして、今、社会や地域の課題をデザインのアプローチで解決しようとするソーシャルデザインの時代が来ているように思うんです。理系でも文系でもないデザイナーの持つ能力や特性が社会や地域の問題を解決する時にとても役立つと思います。
そんなこともあって、愛川町や相模原市中央区で活動しています。「中央区体験する文化祭」は地元で活躍する人達に講師になってもらい伝統芸能、絵葉書づくり、コマなどを小学生が体験をするものです。地元を知ってもらい、愛着を感じてもらう活動で、この事業のリーダーをやりました。
もう一つ、スタッフの働き方や能力向上に取り組んでいます。結婚や育児で仕事を離れた女性デザイナーがいつまでも働けるよう、自宅勤務や短時間勤務などの制度を作りました。また、スタッフの大学院への進学や海外留学の制度も作りました。社員旅行では台湾やタイで現地のデザイナーとの交流もしてきました。スタッフが外の世界をもっと知ることで違った視点を持ち、ユニークで質の高い仕事ができる集団にしていきたいですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー